本のクソ虫野郎

  ~気に入った本・映画の記録と雑記~
Posted by ↑野

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ↑野   0 comments   0 trackback

夜と霧 / それでも人生にイエスと言う


夜と霧―ドイツ強制収容所の体験記録夜と霧―ドイツ強制収容所の体験記録
(1985/01)
V.E.フランクル

商品詳細を見る

(目次)
一 プロローグ
二 アウシュヴィッツ到着
三 死の蔭の谷にて
四 非情の世界に抗して
五 発疹チブスの中へ
六 運命と死のたわむれ
七 苦悩の冠
八 絶望との闘い
九 深き淵より


それでも人生にイエスと言うそれでも人生にイエスと言う
(1993/12/25)
V.E. フランクル

商品詳細を見る


(目次)
Ⅰ 生きる意味と価値
Ⅱ 病を越えて
Ⅲ 人生にイエスという


かなり有名なヴィクトル・E・フランクルの著書。
夜と霧」は、フランクルがユダヤ人強制収容所に送られた時の経験とその精神分析学的考察を書き記したもの。
単純にどのようなことがあったかだけではなく、それについて冷静な分析と考察を入れているのが最大の魅力。

そして「それでも人生にイエスと言う」の方は、そのような経験をした著者が、生きることの意味や価値について、果たしてそのようなことを語り得るのか、そしてそれはどのようなものかを彼なりに考察したもの。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。