本のクソ虫野郎

  ~気に入った本・映画の記録と雑記~
Posted by ↑野

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ↑野   0 comments   0 trackback

イギリスのいい子日本のいい子

イギリスのいい子日本のいい子―自己主張とがまんの教育学 (中公新書)イギリスのいい子日本のいい子―自己主張とがまんの教育学 (中公新書)
(2001/03)
佐藤 淑子

商品詳細を見る


(著者略歴)
佐藤 淑子
1955年(昭和30年)富山県に生まれる。ハーバード大学教育大学院修士課程修了、ロンドン大学教育研究所博士課程修了、Ph.D.(教育学)。現在、鶴川女子短期大学助教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


いつ読んだのか、記憶が些かはっきりとはしないのですが、たしか2009年の秋になったぐらいに読みました。
大学の図書館の中をぶらぶらしている時に偶然見かけ、かつてイギリスに行っていた時のことを懐かしく思い、ノスタルジックな気持ちを呼び起こされ、こちらの本を手に取ったのが出会いでした。

僕自身実体験としてイギリスの人たちの「自己主張強すぎず、自己抑制も強すぎず」の「言いたいことはしっかりと言うけれどもだからといって時と場合を選ばずに主張するわけではない」という国民性を感じましたが、本書でも正にその通りの事が記されていました。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。