本のクソ虫野郎

  ~気に入った本・映画の記録と雑記~
Posted by ↑野

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ↑野   0 comments   0 trackback

プロフェッショナル原論

プロフェッショナル原論 (ちくま新書)プロフェッショナル原論 (ちくま新書)
(2006/11/07)
波頭 亮

商品詳細を見る

(著者略歴)
東京大学経済学部(マクロ経済理論及び経営戦略論専攻)を卒業後、マッキンゼー&カンパニー入社。1988年独立、経営コンサルティング会社(株)XEEDを設立。幅広い分野における戦略系コンサルティングの第一人者として活躍を続ける一方、明快で斬新なビジョンを提起するソシオエコノミストとしても注目されている。



こちらの本は、かつては弁護士や医者と言ったような専門性の強い職業であった経営コンサルタントを長年経験してきた波頭亮さんがその専門性の強いプロフェッショナルな仕事をする人間の社会的責任、あるべき姿、魅力などについて詳細に語っているという内容のものです。

経営コンサルタントとはどのような職業なのかなと気になっていたため、大学の図書館で借りて読みました。
読んだのは半年ぐらい前なのですが、その時読書記録を全く残さなかったので覚えている限りの記憶だけを頼りに書かせていただきたいと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。