本のクソ虫野郎

  ~気に入った本・映画の記録と雑記~
Posted by ↑野

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ↑野   0 comments   0 trackback

思考・論理・分析―「正しく考え、正しく分かること」の理論と実践

思考・論理・分析―「正しく考え、正しく分かること」の理論と実践思考・論理・分析―「正しく考え、正しく分かること」の理論と実践
(2004/07/15)
波頭 亮

商品詳細を見る


副題に書かれているとおり、

①正しく考えること
②正しく伝えること
③正しく情報を集め、分析し、意味合いを見出すこと

これらの方法を、少し堅めな文章ではありますがしっかりと説明してくれている本です。
特に前半で書かれている、「論理的とはどういうことか」を細かに説明されている部分は多少難解ではあるかもしれませんが、具体例もふんだんに使用されており、理解はできると思います。

ロジカルシンキングの本は世にたくさん出回っていますが、僕が見たこの種のロジカルシンキング本の中では最もベーシックな内容なのではないかと感じました。
そのため、ロジカルシンキングの入門書としても適切な本だと思います。

そして単に論理的にものを考えるためのハウツーだけではなく、情報を集め、分析する際の方法や注意点なども詳細に書かれていますので、ビジネスパーソンの日々の仕事、特に報告書作成などの場面においても役立つ一冊なのではないでしょうか。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。