本のクソ虫野郎

  ~気に入った本・映画の記録と雑記~
Posted by ↑野

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ↑野   0 comments   0 trackback

怠惰への賛歌

怠惰への讃歌 (平凡社ライブラリー)怠惰への讃歌 (平凡社ライブラリー)
(2009/08)
バートランド ラッセル

商品詳細を見る


第一章 怠惰への賛歌
第二章 「無用」の知識
第三章 建築と社会問題
第四章 現代版マイダス王
第五章 ファシズム由来
第六章 前門の虎、後門の狼
第七章 社会主義の問題
第八章 西欧文明
第九章 青年の冷笑
第十章 一本調子の現代
第十一章 人間対昆虫
第十二章 教育と訓練
第十三章 克己心と健全な精神
第十四章 彗星について
第十五章 霊魂とは何であるか

個人的に好きなバートランドラッセルの著作。
タイトルの通り、過度の勤勉・労働讃美への批判、社会全体でもっと時間的・労力的余裕を持つことによる様々な効用を独自の視点で説いてらっしゃいます。

ラッセルは多くの哲学者・経済学者・思想家の中でもかなりの洞察眼と、数理的な鋭い分析とそれに基づく論理構成が得意な人なのでやはり反論を差し挟むのが容易ではないと感じました。
特にラッセルは数理哲学も得意としており、その論理の正確さ、難解さには定評があるとのこと。

この著作はエッセイ集なので、実質タイトルのような怠惰への賛歌についてを語っているのは一部の章でした。
そのため、今回はその怠惰への賛歌の部分だけをまとめています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。