本のクソ虫野郎

  ~気に入った本・映画の記録と雑記~
Posted by ↑野

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ↑野   0 comments   0 trackback

【気になる本】 僕はお金を使わずに生きることにした

本屋さんでクーリエ・ジャポンを立ち読みしていたら、雑誌内でこの本が紹介されていて、ものすごく気になった。

ぼくはお金を使わずに生きることにしたぼくはお金を使わずに生きることにした
(2011/11/26)
マーク ボイル

商品詳細を見る

もちろん、「お金を使わずに」というタイトルを見てその内容に興味を持ったのが一番の理由ですが、この表紙!
何でも現代の「森の生活」だそうで、そうと分かれば読まないわけにはいかない。

シャルル・ヴェグネルが「簡素な生活」の中で語った簡素の精神という点でも、物欲を克服せよという、仏教を初めとした様々な宗教の教えの存在という観点からしても、そしてエーリッヒ・フロムの唱える非所有という点で(お金を使わないということは恐らく多くを所有しないことであるはず)、お金をできるだけ使わないというライフスタイルは大いに利点が多く、見習うべき生活形式だと思う。

心の豊かさは所有物(資産)の多さに反比例するだとか、物欲の克服は人生の課題だとか、エコがどうだとか、所有→シェアの社会的に重要な意義だとかが古来から現代に至るまで様々な偉人の口から主張されているからには、できるだけお金を使わないだとか、できるだけ物を所有しない生き方を知る必要、実践する必要は確実にある。

本当に可能なのか?どんな感じの生活になったのか?真似して部分的に取り入れられる方法はあるのか?っていうか誰この人?という具体的な部分を集中して読みたい。

いや、っていうか、だから表紙!上半身裸の毛深い男の写真て、そういう本かと勘違いするわ。
なんでそんなちょっと切ない表情してんねん。
しかもお金使ってない割にはいい体してんなおい。

…と、ツッコミが絶えないこの表紙。

絶対に読もうと思う。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。