本のクソ虫野郎

  ~気に入った本・映画の記録と雑記~
Posted by ↑野

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ↑野   0 comments   0 trackback

アンネの日記


アンネの日記 (文春文庫)アンネの日記 (文春文庫)
(2003/04)
アンネ フランク

商品詳細を見る


言わずと知れた、ナチスドイツによって強制収容所送りにされ、短い生涯を閉じることになったユダヤ人少女の日記。

スポンサーサイト
Posted by ↑野   0 comments   0 trackback

夜と霧 / それでも人生にイエスと言う


夜と霧―ドイツ強制収容所の体験記録夜と霧―ドイツ強制収容所の体験記録
(1985/01)
V.E.フランクル

商品詳細を見る

(目次)
一 プロローグ
二 アウシュヴィッツ到着
三 死の蔭の谷にて
四 非情の世界に抗して
五 発疹チブスの中へ
六 運命と死のたわむれ
七 苦悩の冠
八 絶望との闘い
九 深き淵より


それでも人生にイエスと言うそれでも人生にイエスと言う
(1993/12/25)
V.E. フランクル

商品詳細を見る


(目次)
Ⅰ 生きる意味と価値
Ⅱ 病を越えて
Ⅲ 人生にイエスという


かなり有名なヴィクトル・E・フランクルの著書。
夜と霧」は、フランクルがユダヤ人強制収容所に送られた時の経験とその精神分析学的考察を書き記したもの。
単純にどのようなことがあったかだけではなく、それについて冷静な分析と考察を入れているのが最大の魅力。

そして「それでも人生にイエスと言う」の方は、そのような経験をした著者が、生きることの意味や価値について、果たしてそのようなことを語り得るのか、そしてそれはどのようなものかを彼なりに考察したもの。
Posted by ↑野   0 comments   0 trackback

数学的思考の技術


数学的思考の技術 (ベスト新書)数学的思考の技術 (ベスト新書)
(2011/02/08)
小島 寛之

商品詳細を見る


(著者略歴)小島寛之
1958年東京都生まれ。東京大学理学部数学科卒業。同大学院経済学研究科博士課程修了。現在、帝京大学経済学部経済学科教授。経済学博士・数学エッセイストとして、多方面で盛んな執筆活動を続けている。その分かりやすい語り口には、文系・理系の読者を問わず定評がある。

本書は、著者が本書の中で何度も言うように、数学に関する高度な知識ではなくて、あくまで数学的な(中には経済学的な)考え方を用いて、日常の些細な事柄はもちろん、経済・哲学上の問題など、世の多くの事柄を考えてみようという内容の書です。
Posted by ↑野   0 comments   0 trackback

非属の才能


非属の才能 (光文社新書)非属の才能 (光文社新書)
(2007/12/13)
山田 玲司

商品詳細を見る


(著者略歴)
1966年東京都生まれ。チベットの高僧から歌舞伎町のホストまで、世界で最も多くの人に話を聞いている漫画家。20歳で漫画家デビューした後、恋愛のマニュアル化を風刺した『Bバージン』で一気にブレイク。2003年、宮藤官九郎と共に『ゼブラーマン』で大人の問題に白黒つけつつ、現実世界に希望を求めて、対談漫画『絶望に効く薬』を開始。約100人目のオノ・ヨーコさんにインタビュー中、”非属”という概念を思いつく。

(目次)

第1章 誰の中にも「プチ佳祐」がいる
第2章 ブルース・リーになる試験はない
第3章 定置網にかかった人生でいいのか?
第4章 「変わり者」が群れを動かす
第5章 非属の扉をこじ開ける方法
第6章 独創性は孤立が作る
第7章 和をもって属さず
Posted by ↑野   0 comments   0 trackback

貧困の克服


貧困の克服 ―アジア発展の鍵は何か (集英社新書)貧困の克服 ―アジア発展の鍵は何か (集英社新書)
(2002/01/17)
アマルティア・セン

商品詳細を見る


アマルティア・センが、主に発展途上国が貧困から抜け出し、本当の意味で豊かになるための方法を思索した著作。

彼自身インド出身ということもあり、特にアジア諸国への言及が多く、また、センは経済だけでなく、哲学、倫理学などにも専門の幅を拡げている。そのため、単に一国の効率的な経済発展というだけでなく、人々の生活・習慣・文化レベルからの観察による、本当の意味での発展を考察する。こういった、「経済学の中に倫理学の観点を」という彼の旧来からの立場が、他の経済学者が見落としがちであった内容を盛り込み、真に達成されるべき効果的な政策について、多くを本書で語っている。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。