本のクソ虫野郎

  ~気に入った本・映画の記録と雑記~
Posted by ↑野

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ↑野   2 comments   0 trackback

新入生おすすめの専門書

4月ということで、新入生へ、完全に僕の個人的な経験と判断から考えるお勧めの専門書3冊をご紹介します。


入門ミクロ経済学入門ミクロ経済学
(2007/03/16)
ハル R.ヴァリアン

商品詳細を見る


経済学部生にも、教養課程で触れる程度の学生さんにも、お勧めします。
分かりやすく、かつ網羅的であり、2年3年生の方のミクロ経済学復習用にも活用できると思います。
実際に大学図書館とかで手にとって内容を見てみて、自分に合わなさそうだとか、もう少し下のレベルからがいいと思えば、もちろん避けていただいてもいいでしょう。


金融工学入門金融工学入門
(2002/04)
デービッド・G. ルーエンバーガー

商品詳細を見る


こちらも金融工学の基礎を十分な説明で解説している書。
金融を専攻する予定の方、金融の資格取得を目指す方にもおすすめ。



はじめての統計学はじめての統計学
(1994/11)
鳥居 泰彦

商品詳細を見る


名前の通り、あくまで初学者用です。
もっと理論的に統計学を学び、中級・上級議論で扱う場合には不足ですが、実践問題を通して、統計学とはどのようなものかが分かると思います。
かなり分かりやすいレベルだと思うので是非。


以上の3冊は、当然ながら高校数学を習得しておく必要があります。
理解できないほど難易度が高いわけではなく、かつ、十分な説明と、適切な網羅性があります。

学習に遊びにバイトに、後になって後悔のないよう、少しでも興味関心が芽生えたことを大切にして、積極的に活動してみてください。
皆さんの実り多き学生生活を陰ながら願っています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。