FC2ブログ

本のクソ虫野郎

  ~気に入った本・映画の記録と雑記~
Posted by ↑野   0 comments   0 trackback

読書について


読書について 他二篇 (岩波文庫)読書について 他二篇 (岩波文庫)
(1983/07)
ショウペンハウエル

商品詳細を見る


もう彼是一年以上前に読みました。

哲学者ショーペンハウエルが読書という行為について語った著書。
普通はどの読書について書いた本も、読書の良い面について書かれたものがほとんどであると思いますが、さすがはショウペンハウエルと言ったところ、彼は鋭い洞察力を以てなかなか辛辣な意見を述べています。

それがまた、本を執筆している人が自分の著書の中で言うのだから何とも皮肉に富んでいておもしろいものです。


ショウペンハウエルは本書の中で読書の有用性よりもむしろ良くない影響についてを語っている。

というのは、読書とは人の意見を受動的に見ることに他ならないため、読んだ人が賢くなるというよりはむしろ自分で物事を思索し、考える機会を奪われることにもなり得るからである。
例えば、ある経済学者が経済理論についてを書で語っていた場合、読み手にかなりの知識と思考力が無ければ、その内容を正当に批評することすら難しく、故に単なる知識の詰め込みと変わらなくなってしまう。さらに、こういった知識が逆に、頭を空にして一から自分で考え、理論を構築する経験を阻害してしまい兼ねない。

このようなことを、

・十分に考え抜いた末に手にした知識の方が価値がある

・人は自分で思索したことしか、真に知ることは出来ない

・人類を一歩先へと前進させる人とは、世界という本を直接読んだ人である

・自分で考えてこそ、その真理は全体を構成する欠くことのできない一部として私たちの思考体系に組み込まれ、完全で緊密な関係を保つようになる

・本を読むというのは、私たちの代わりに他の誰かが考えてくれるということだ

・すでに踏み固められた「他人の思考の道」を歩くことに慣れ、自分の道から外れるな

などの表現で記している。

しかし一方で、著者は読書を完全にするべきものではないと言っているわけではなく、あくまで「読む価値のない」本を読むべきでないと言っているのであり、貴重な不栃の本は読むべきであると、「読書に関して言えば、読まない技術を身につけることが非常に大切である。その技術とは、大部分の読者が飛びつく本には、あえて手を出さないことだ」との表現を用いて警告している。

読むべき本の特徴としては、「本のテーマの発見者・創始者の書いたもの」「永続的価値がある」「真の古人が書いたオリジナル」「少数の上手くいった出産(執筆)は、文学史のカタログをめぐって探す必要はない。彼らは不死の存在として、永遠に若々しい姿のままで颯爽と歩いている」などと述べ、古典的名著と定める。

また本書は、読書に必ずしも限らない至言も数多く記されているので、そこも注目してもらいたい。

『ごく凡庸な頭の持ち主は、一般に流布しているありとあらゆる意見。権威、偏見にとらわれ、まるで法律や命令に黙って従う大衆のようだ』

『思想の世界では、私たちは肉体をともなわない精神であり、重力も困窮もそこには無い。したがって地上のいかなる幸福も、美しく実り豊かな精神が至福の時に自らの中に見出す幸福には、とても太刀打ちができない』

『考える人にも二つのタイプがある。まず自分のために考える人と他の人のために考えてそれを生業にする人である。このうちの前者が、自分で考える人であり、かつ自分のために考える人なのだ。彼らこそが真の哲学者である』

『新しいことを発表したがっている人間にとって、この世で重要なのは、学説でも何でもなく、自分という人間である』

『私たちの思索は言葉を発見するや否や、私たちから離れ、本当に心の奥底から発見したものではなくなってしまうのである。矛盾が生じたからといってうろたえるな。人は言葉を口にした途端、迷い始めるものなのだから』

『後世まで読者に求められるような本の原著者は、自分と同じような人間を探しても、決して見つからず、余りにも卓越して他の人間との差が著しいために目立ってしまう孤独な人物かもしれない』

『作品の価値を評価するためには、必ずしも著者が何について、または何を考えたか知る必要はない。まずは彼がどのように考えたかを知るだけで十分だ』

『天才の作品の特徴は、全ての部分部分に精神があまねく存在することにある。これをリヒテンベルクは、魂の遍在という言葉で表している』

『たくさんの思想をわずかな言葉の中に籠めよ』

『単純さと素朴さを尊ぶ掟は、あらゆる芸術に当て嵌まる。何故なら単純素朴さは、最も高貴なるものとも通じるからである』

『比喩は、よく知らない関係を、すでに知っている関係に置き換える役割を果たすという意味で、大きな価値がある。真の理解は全て関係性の把握にある』

『考えようによっては、哲学は世界を支配する。正しく理解された真の意味での哲学というのは、実体をともなう巨大なこの世の権力でもある』


いかがでしょうか、これらの彼の言葉。

読書という行為を手放しで礼賛する読書家・執筆家などが多く、自然とたくさん本を読めば賢くなると思いがちな社会においては目から鱗の意見であると思います。
しかし実際にハウエルの言うことは的を射ており、無暗やたらに本を読んだところで、逆に些末な重要でない知識が溢れたり、自分で考える機会と力を失わせる原因となるのは確かだと言えるでしょう。
肝心なのは、本当に必要な知識だとか、始祖の偉人が考えた痕跡を辿ることなのかもしれません。

必ずしも正しいとは限らないのは当然としても、個人的には真実を言い当てた至言の数々であると考えています。
本書に限らず偉大なる哲学者、ショーペンハウエルの著作はほんとにお勧めです、是非一読を。


ほんま、さっすがハウエルさんやでえ!!!

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://shimonetazawa.blog61.fc2.com/tb.php/35-2bead06f