本のクソ虫野郎

  ~気に入った本・映画の記録と雑記~
Posted by ↑野

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ↑野   0 comments   0 trackback

わがいのち月明に燃ゆ ~一戦没学徒の手記~


わがいのち月明に燃ゆ―戦没学徒の手記 (1967年)わがいのち月明に燃ゆ―戦没学徒の手記 (1967年)
(1967)
林 尹夫

商品詳細を見る


京都を中心にした生活よ おれは、なんじらをわが胸に、しっかりと抱きしめて生きるぞ おれは生きる。大和民族のために働く
しかしおれは、軍隊に奉仕するものではない。おれは現代に生きる苦悩のために働く。そしておれは、よき軍人になるために生きるのではない。その点におれは、僅かな自由意志の途を見出すのだ。

おれは、軍隊に入って国のためにという感情を呼び覚まされたことは、軍人諸君を通じてというかぎり皆無である。
ただF先生のお便りや、身近ななにかにより、国民が直面する苦悩を反省させられて、おれは軍隊とか、あるいは、機構的にみた日本の国のためではなく、日本の人々のために……いな、これも嘘だ。おれが血肉を分けた愛しき人々と、美しい京都のために、闘おうとする感情がおこる。
つまらぬ、とも、わけが判らぬ、とも、人は言うがよい。
おれはただ、全体のために生きるのではないのだ。全体がその生命を得ぬと、個人の生命がまっとうできぬがゆえに、おれは生きるのだ。この意味で、おれの日本観は、純粋でないと言えるかもしれぬ。
しかしおれは、架空の日本観よりは、たとえ利己的なりといえ、少数の敬愛する人々のために生きるのだ、と言いたい。
おれは抽象や観念に生きる人間ではない。おれは直接、おれの胸にグンときて把握しうるもののために生きるのだ。
おれはくだらぬ哲学者ではない。おれは歴史家だ。文学青年だ。そして市井の一人だ。
それらしく生きれば可なり!ではないか。



Posted by ↑野   0 comments   0 trackback

再読本ドラフト

再読したい/すべきだと今の時点で考える本を選び出し、掲げておこうかなと思います。しかし、未読本がたくさんあってなかなか手がつけられない可能性が高いのがなんとも…

まあでも、一応掲げておくだけでも意味はあるとしておきましょう。


・『自省録』

自省録 (岩波文庫)自省録 (岩波文庫)
(2007/02/16)
マルクスアウレーリウス

商品詳細を見る


・『大衆の反逆』

大衆の反逆 (ちくま学芸文庫)大衆の反逆 (ちくま学芸文庫)
(1995/06)
オルテガ・イ ガセット

商品詳細を見る


・『孤独と人生』

孤独と人生 (白水uブックス)孤独と人生 (白水uブックス)
(2010/04)
アルトゥール ショーペンハウアー

商品詳細を見る


・『生の短さについて』

生の短さについて 他2篇 (岩波文庫)生の短さについて 他2篇 (岩波文庫)
(2010/03/17)
セネカ

商品詳細を見る


・『伝奇集』(気に入った話のみ)

伝奇集 (岩波文庫)
伝奇集 (岩波文庫)伝奇集 (岩波文庫)
(1993/11/16)
J.L. ボルヘス

商品詳細を見る


・『ベロニカは死ぬことにした』

ベロニカは死ぬことにした (角川文庫)ベロニカは死ぬことにした (角川文庫)
(2003/04/25)
パウロ コエーリョ

商品詳細を見る


・『ダロウェイ夫人』

ダロウェイ夫人ダロウェイ夫人
(1998/07/06)
ヴァージニア・ウルフ

商品詳細を見る


・『森の生活』(前半部の一部の章のみ)

森の生活 (講談社学術文庫)森の生活 (講談社学術文庫)
(1991/03/05)
D・ヘンリー・ソロー

商品詳細を見る


・『自分をいかして生きる』

自分をいかして生きる (ちくま文庫)自分をいかして生きる (ちくま文庫)
(2011/06/10)
西村 佳哲

商品詳細を見る


・『ワイルドサイドを歩け』

ワイルドサイドを歩け (講談社プラスアルファ文庫)ワイルドサイドを歩け (講談社プラスアルファ文庫)
(2002/09/19)
ロバート・ハリス

商品詳細を見る


・『自分の中に毒を持て』

自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間”を捨てられるか (青春文庫)自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間”を捨てられるか (青春文庫)
(1993/08)
岡本 太郎

商品詳細を見る


・『わが死生観』

わが死生観―人間、どう生きるかわが死生観―人間、どう生きるか
(1984/10)
セネカ

商品詳細を見る


・『ロジカルプレゼンテーション』

ロジカル・プレゼンテーション―自分の考えを効果的に伝える戦略コンサルタントの「提案の技術」ロジカル・プレゼンテーション―自分の考えを効果的に伝える戦略コンサルタントの「提案の技術」
(2004/02/01)
高田 貴久

商品詳細を見る


・『エセー1~4』

エセー〈1〉エセー〈1〉
(2005/10)
Michel de Montaigne、 他

商品詳細を見る


・『風の谷のナウシカ1~7』

ワイド判 風の谷のナウシカ 全7巻函入りセット 「トルメキア戦役バージョン」 (アニメージュ・コミックス・ワイド版)ワイド判 風の谷のナウシカ 全7巻函入りセット 「トルメキア戦役バージョン」 (アニメージュ・コミックス・ワイド版)
(2003/10/31)
宮崎 駿

商品詳細を見る




まあ、一度読んだ本なので、そこまで集中力とか読解力は必要ないと思うので、何より楽しむことを優先して、隙間時間やリラックスできる時に、ちょいちょいと読んでいければいいかな、と思っています。


Posted by ↑野   0 comments   0 trackback

2014年の目標


お久しぶりです、2014年になりましたね。
僕の方は相変わらず、本を読むペースも思うようにいかず、切ない思いをした2013年でありましたが、今年は、いや、30歳になるまでのあと数年間はそういうわけにはいきません!
カウントダウンが、30歳へのカウントダウンが始まってるんや!

ということで、ブクログの方でも、2014年の目標読書冊数を強気に「200冊」としてしまいましたよ。
正直言って、この目標はかなり無理な匂いしかしないわけですが。

あと、今年は映画の方もある程度観たいなと思いました。
去年の11月ぐらいに初めて名画座に行きまして、人が選んだ新作ではない映画に偶有的に触れるのは、例えその映画が自分にとってハズレであっても、楽しいものです。

あとは、そろそろ、自分が何度も読み返す価値があると評価した本の再読もしっかりと行わないとな、とも考えております。
別記事であれだけ「再読の重要性」みたいなことを偉そうに語ったわけですし、自分がしっかり実行できないでどうするんだと。

しかしね、どうしてもね、読んだことのない本や、再読する価値のある本探しの方に意識が向いてしまいますね、てへっ!

それに、今年は上半期中に、基礎的な学力の底上げをさっさとやり終えてしまいたい。
基礎学力の、読書を初めとした様々な資格試験や仕事への応用力の高さを教えていただけましたので、どこまでも謙虚になって、1から積み上げねばなりません。
具体的には数学・現代国語・世界史・政治経済・倫理・現代社会ですね。
この歳になると、中高生の頃に使ってた教科書や参考書を読むということだけでも懐かしくて、それだけでちょっとテンションが上がってしまいます。
多くの人が口を揃えて言うことですが、学校の授業を離れてみて、ようやく学問の面白さに気づくものですね。


こういう一年の目標の建て方はダメなのかもしれませんが、僕はもうすでに2015年の方を見据えてます!
今年一年は素晴らしい2015年を迎え入れ、2015年を素晴らしい日々で彩るための、いわば準備期間として頑張っていくで!

え、なんで2014年ではなく、もうすでに2015年かって?


「2015年」の方がなんか数字の語呂がいいから!!

Posted by ↑野   0 comments   0 trackback

自分の中に毒を持て


自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間”を捨てられるか (青春文庫)自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間”を捨てられるか (青春文庫)
(1993/08)
岡本 太郎

商品詳細を見る


稀代の芸術家といわれる岡本太郎氏の、人間の生き方に対する熱いメッセージ。単に熱いだけでなく、なぜそうであるべきか、そういったことも適宜言及していらっしゃって分かりやすく出来ています。彼自身が天才芸術家であると同時に、学問を高く修めた人でもある。

単に人と違っていてもいいとか、そういうよくある話ではなく、もっと耳が痛くなるような、思わずドキっとなる辛辣な指摘や厳しい言葉が多く、それらに揺さぶられながらも読み進めるのが、なぜか心地よくもあった。

Posted by ↑野   0 comments   0 trackback

2012年に読んだ本

だいぶ遅れましたが、2012年に読んだ本の紹介です。ブクログの方でも見れるんですが、せっかく読書ブログをやってるので、こちらでも書いておこうかなと。長いので追記に載せます。

2012年に読んだ本はちょうど100冊。もっと読んだ方がよかったとは思うけど、いろいろいい本が読めたと思うので良しとしたい。

今年は相変わらず、古典的な書物に軸を置きながら、興味関心の持てる本を貪欲に読みたい。古典といっても、今までは西洋古典が多かったので、中国・日本・インド・中東の東洋古典などにも積極的に触れていきたい。

あと、より深く的確に読むために、論理的読解力と感受性の両方を駆使した本当の精読をしていこうと思います。感覚を研ぎ澄ませて全力で本に当たる、何を何冊読むかも大切ですが、自分自身の大本である「どう読むか」が殊に重要であるはず。

特に良かった本については☆マークを付けておきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。